時々ですが学生が自らの勉強の為、あめ細工吉原に来られる事があります。

今回は、写真学校の学生さんです、プロカメラマンの卵ですね。学校の課題で働く現場の写真を撮りたいとのことで依頼を受け、3日間店内にて写真を撮っておりました。
彼は、写真を学ぶ前からやはり写真が好きなようで、高校生時代から学校の行事の写真なども撮っていたそうです。
好きを仕事にする。自分たちも同じような感じだからだろうか、ついつい応援したくなります。

自分たちでは作業中に写真を撮る事がほとんど無いですので、撮ったもらった写真を見て、普段の自分たちを客観的に見ることができました。せっかくですので、数枚をここで紹介いたします。

彼がこの先プロカメラマンになって、どこかでバッタリと会ったりしたら嬉しいなぁ。

※写真:仲宗根一徳

(吉原)