こんにちは。加藤です。
2018年7/3から9/2まで東京国立博物館で開催中の特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」での
販売グッズとして当店の飴をお取り扱いいただいてます。

なんと、あの東京国立博物館の特別展会場での販売グッズとしてお取り扱いいただける機会がくるとは!!
私事ですが、大好きな博物館に仕事として関われるのはとても嬉しく身の引き締まる想いです。

今回作ったのは「遮光器土偶」モチーフのミニ飴。

全4色4フレーバーのご用意です。

写真左:レモン 右:コーラ

飴に空気を練り込み白くなめらかに仕上げる「さらし飴」は土偶の質感に近いものが・・・

写真左:ソーダ 右:バニラ

炊いた飴に空気を含ませず仕上げる透明色は、涼しげで夏にぴったり。

土偶は装飾的で表面が細かな凹凸で表現されているため、今回は和ハサミ1つで仕上げる技法ではなく、
モチーフに合った表現として「型押し」技法で1本づつ手作業で仕上げています。
当店がメインとしている日本伝統飴細工とはまた違った飴の表情になります。

「あめをかし」というロゴが目印。

販売価格:¥850(税込) 各1本 全4種

あめ細工吉原の新ブランド「あめをかし」シリーズ
日本古来からの美意識を表す「をかし」という言葉がテーマ。
日本の伝統的な飴細工の枠をこえて、美しく 趣があり おもしろい 興味ひかれる「をかし」な
飴菓子を発信する新ブランドです。

ショップはお菓子以外にも素敵なグッズが沢山あり、ワクワクで買物をしてきました!

実際に展示をみせていただきましたが、展示方法が素晴らしく、遥か昔の人達の手仕事、力強い造形美にハっとしました。写真だけではわからない本物が持つ力を感じました。

縄文時代の国宝全6件が集結する特別展です。(「仮面の女神」「縄文のビーナス」は7月31日~展示)
ぜひ、お出かけください。

公式HPはこちら→http://jomon-kodo.jp/goods.htm