日本伝統飴細工の専門店

日本伝統の飴細工とは

  • HOME »
  • 日本伝統の飴細工とは

日本伝統の飴細工とは

あめ細工吉原が伝統を受け継ぐ「飴細工」は、日本で江戸時代より続く細工菓子で、またそれを作る芸のことです。熱して柔らかく溶けた飴を小鍋から取り出し、それが冷えて固まるまでの約3分間のうちに、手や握り鋏(ばさみ)を使って棒の上に様々な動物や植物の形を作ります。造形の過程は迅速かつ繊細である為、職人芸として人々の目に留まり注目を集めていました。
その伝統は現代にも受け継がれ、一つ一つ手作りの細工菓子はお土産やギフトなどに、作る過程は大道芸のパフォーマンスとして人々を楽しませています。

      

あめ細工吉原は、飴細工の歴史、技、文化的な価値を尊重し、後世に伝えていきたいと考え、2008年に日本初となる飴細工の常設店舗をオープンしました。今後もこの伝統を守り、かつ時代にあった新しい飴細工の提案を行なっていきたいと考えております。
飴細工の歴史に関する詳細と、あめ細工吉原が伝えたい飴細工とその魅力は、下記リンク先にまとめました。ご興味ございましたら、是非ともご覧くださいませ。

  • facebook
  • twitter

アーカイブ

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

translation

PAGETOP
Copyright © 株式会社あめ細工吉原 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.